公益財団法人 安曇野文化財団

飯沼飛行士記念館

飯沼飛行士記念館

世界記録をもつ飛行士の生家で
壮大なロマンにふれる

飯沼飛行士記念館は、平成元年4月、安曇野市出身の飯沼正明飛行士の生家に建設されました。

飯沼飛行士は昭和12年4月、朝日新聞社機「神風」号で東京—ロンドン間(15.357km)を94時間17分56秒(実際の飛行時間は51時間19分23秒)で飛行し、当時の世界記録を打ち出しました。この快挙に日本国中が沸き、飯沼は大西洋横断を成し遂げたリンドバーグと共に世界的なパイロットとして賞賛されました。
記念館では当時のさまざまな資料を展示し、彼の偉業を今に伝えています。

もうひとつの「神風」物語

太平洋末期の「神風特攻隊」よりも以前に大空に飛び立ったもうひとつの「神風」号をご存知でしょうか。

小学生の頃から飛行士になることを夢みていた飯沼正明は、倍率50倍ともいわれる逓信省委託学生の試験を突破し、昭和7年から朝日新聞社で民間航空操縦士として活躍しました。

当時、日本を賑わせていたのが、アジア−ヨーロッパ間の飛行スピードの新記録樹立でした。フランス航空省がパリ−東京間を100時間以内で飛行できたものに対し懸賞金を出したことでも多くの関心が集まりました。

朝日新聞社でも挑戦を決め、紙上で大記録へと挑む飛行機の愛称を公募。全国53万通のなかから「神風」号が選ばれ、その飛行士に飯沼正明が抜擢されたのです。

1937年4月6日。日本中の期待を背負い、神風号は立川飛行場を飛び立ちました。台北、ハノイ、コルカタ……神風は順調に飛行を続けます。ヨーロッパの人々は誰も日本の若き飛行士の挑戦に感心を持ちませんでした。しかし、神風号が驚くべきスピードで地中海に到着すると、各国がいよいよ色めき立ちました。

9日の午後3時30分、神風号は無事、ロンドンのクロイドン飛行場に到着。94時間17分56秒の飛行時間は当時のアジア−ヨーロッパ間の世界記録でした。飯沼の快挙は日本の航空技術を世界に知らしめ、国際親善の役割を果たしたのです。

□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
  • □□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
  • □□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
  • □□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
  • □□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
  • □□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
  • □□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■
施設紹介
当時の面影を残す飯沼の生家建つ記念館

施設は全国の賛同者、豊科町、朝日新聞社のご支援で、築120年の飯沼の生家に建設されました。白壁、瓦葺きの建物で、当時の面影を残しています。館内では写真や新聞記事ほか、遺品、手紙などを展示しています。

利用案内
開館時間/休館日/入館料
開館時間 午前9時〜午後5時
休館日 月曜日、および祝日の翌日、12月28日〜1月4日
入館料
個人
高校生以上400円
団体(10名以上)
高校生以上300円
所在地/連絡先
住所 〒399-8201 長野県安曇野市豊科南穂高3888
TEL 0263-72-9045
アクセス
電車の場合
JR大糸線柏矢町駅から徒歩約15分または、
JR大糸線豊科駅から車で約5分
お車の場合
長野自動車道安曇野ICから車で約10分
PAGE TOP