公益財団法人 安曇野文化財団

お知らせ

第16回 北穂高芸術展

Category :

安曇野髙橋節郎記念美術館を会場に、北穂高にお住まいの方々や北穂高ご出身の方々の日ごろからの創作活動の成果を一堂に展示します。 主催:北穂高芸術展実行委員会、安曇野市髙橋節郎記念美術館 会期:令和2年11月21日(土)~12月6日(日) ※休館日:11月24日(火)、30日(月) 会場:安曇野髙橋節郎記念美術館 メディアフォーラム 入場:本展の観覧は無料です。

高橋節郎記念美術館YouTubeチャンネル開設

Category :

当館公式YouTubeチャンネルを開設しました。 髙橋節郎や当館の魅力を動画でご紹介できるよう、 充実をはかっていきます。 YouTubeチャンネルは、ここよりお進み下さい。

(貸館)信州スケッチ三昧

Category :

みず絵の会主催のスケッチ展です。 会期:令和2年11月13日(金)~23日(月) 時間:9時~17時 ※最終日は15時まで 会場:高橋節郎記念美術館 南の蔵 入場:本展の観覧は無料

かんたん沈金体験講座・・再開しました!

Category :

かんたん沈金体験・・再開しました! 『漆黒と金に輝く作品を作ろう』予約受付中 高橋節郎の作品を見ていただいた後、実際に技法を体験していただくかんたん講座です。 かぶれない溶剤と金色の粉を使い、ミニ色紙サイズ(約135mm×120mm)の漆の板に模様を削ります。 出来上がった作品は当日お持ち帰り頂けます。 初心者には図案を用意しますので、お気軽にご参加ください。 美術館での体験講座 ※事前に電話予約・・・

美術館の開館について ※来館される方は必ずご確認ください

Category :

現在当館では展示につきましては通常通り観覧いただけます。 ■ 来館時のお願い ・マスク着用にご協力下さい。 ・エントランス設置のアルコール消毒をご利用下さい。 ・代表者の氏名連絡先などのご記名にご協力下さい。 ・検温にご協力下さい。 ■ ご相談の上対応可能な事業 ※事前にお問い合わせ下さい。 ・貸館(展示のみ) ・かんたん沈金体験(11月5日より再開、1回につき最大4名様まで、要予約) ・団体見学・・・

歴代 田淵行男賞 受賞作品展

Category :
第5回田淵行男賞受賞/澤井俊彦 「ツキノワグマー21世紀の野生」より『飛沫(しぶき)』

10月27日(火)より、歴代 田淵行男賞 受賞作品展が始まります。 開館10周年記念事業として2000年に始まった田淵行男賞写真作品公募。以来、数年毎にこれまで5回開催されてきました。 今展では、最高賞である田淵行男賞を受賞した作品とともに、その軌跡を振り返ります。   会期:2020.10.27(火)~12.6(日) 会場:田淵行男記念館 地階展示室

田淵行男 作品展 山のアルバム

Category :
山のアルバム第24集『初冬の浅間に登る』より【Omoide(思い出)1940】

9月24日(木)より、田淵行男作品展「山のアルバム」が始まります。 田淵が山岳写真家としてデビューするきっかけとなった手作りのアルバムを、複写画像や関連写真とともにご紹介します。                             会期:2020.9.24(木)~2021.1.24(日) 会場:田淵行男記念館 1階展示室

秋季展示 -こがねのせん-

Category :

漆の芸術家 髙橋節郎が追求した「線」の表現に焦点をあて、その変遷を紹介します。 展示室1では、蒔絵の手法と色漆を併用した「面」の構成と、鎗金技法による「線」の構成による作品を展示しています。 展示室2は、色彩を抑え、描線による構成が主流になった作品です。平行や格子に配置された無数のシャープな線と、点彫りとの組み合わせ。それらの密度と深度の変化が、金の色調に複雑かつ絶妙な表情を生む節郎独特の「線」で・・・

内藤 明 写真展 works

Category :
suzumisaki,2018

8月25日(火)より、内藤明写真展「works」が始まります。 田淵行男の縁者でもある写真家の内藤氏は、研究者として長年、大学の教壇に立ってきました。 今展では、1978年から2020年までの42年間に撮影された作品の中から、自身がプリントしたモノクロームのゼラチンシルバープリントをご覧いただきます。         会期:2020.8.25(火)~10.25(日) 会場:田淵行男記念館 地階展示・・・

米スミソニアン博物館誌 Air&Space誌 8月号 飯沼正明飛行士掲載

Category :

米スミソニアン博物館誌 Air&Space誌 8月号に、飯沼正明飛行士と神風号の記事が掲載されました。 タイトルは 「日本のリンドバーグ」 と記され、航空ジャーナリスト 清水郁郎氏は 「この分野では圧倒的な存在であるリンドバーグの名前を冠したことも、大きな敬意を率直に表したものと言える。記事の中にある、神風号は同時期のアメリカの飛行機を凌駕しており、今のようにGPSもない時代にこの記録を打ち立てた・・・

PAGE TOP