公益財団法人 安曇野文化財団

お知らせ -安曇野高橋節郎記念美術館

Facirities guide

Category :

Facility Entrance Hall, Lounge The gleaming black urushi relief “Goddess of Hotaka” is there to greet you when you open the door. At the lounge to the left of the entranceway you might wan・・・

高橋節郎の技法

Category :

鎗 金(そうきん) 日本でいう「沈金(ちんきん)」の中国での呼び名が鎗金であるが、高橋節郎は、沈金技法をもとにしながら、いろいろ工夫を施し、線の細い表現により、金の濃淡や陰影の効果などを可能とした。伝統的な沈金とはやや異なっているため、高橋節郎はあえて自分の技法を「鎗金」と呼び、区別している。 漆を塗り重ねた面に刀で文様を彫り、その溝に漆を接着剤としてすり込んで、漆が乾く間際に金箔や金粉を埋める。・・・

高橋節郎 年譜

Category :

年代 年齢 出来事 1914年 (大正3) 0歳 9月14日、父太一・母梅見の三男として長野県南安曇郡北穂高村(現安曇野市)に生まれる。 1921年 (大正10) 7歳 北穂高村尋常小学校に入学。 1923年 (大正12) 9歳 長野師範学校附属小学校に転校。ホープラージ牧師館に居住。 1924年 (大正13) 10歳 松本尋常高等小学校旭町部に転校。 1927年 (昭和2) 13歳 松本尋常高等・・・

友の会のご案内

Category :

友の会の目的 安曇野高橋節郎記念美術館友の会は、『安曇野高橋記念美術館』の活動及び運営に 協力するとともに、広く芸術に親しみ会員相互の親睦を深めることを目的とします。入会はいつでもできます。 詳しいお問い合わせは、友の会事務局(安曇野高橋節郎記念美術館)までお気軽にどうぞ。 大勢のみなさんのご入会を心よりお待ちしています。   会費 一般会員 2,000円 学生会員 1,000円 ファミ・・・

PAGE TOP