公益財団法人 安曇野文化財団

お知らせ -田淵行男記念館

新緑の乗鞍高原撮影会

Category :

日程:5月21日(日)午前8時~午後4時30分(予定) 定員:20人(要申込み・先着順) 参加費:2,000円 持ち物:昼食、カメラ、三脚(お持ちの方)など 内容:写真家の小口和利さんを講師にお迎えし、バスで乗鞍高原の撮影スポットを訪れます 申込み方法:5月2日(火)~5月14日(日)の期間に、電話(0263-72-9964)にて受け付けます。       午前9時~午後5時の間にお電話下さい。 ・・・

ナイトミュージアム

Category :

日時:7月23日(日)信州山の日 午後6時~7時 会場:田淵行男記念館 地階展示室 定員:約40名(申込み不要・先着順)入場無料 内容:フルート奏者の桂聰子さんの演奏を聴きながら、夏の夕べの美術館をお楽しみ下さい 演奏曲(予定):愛の挨拶(エルガー)、宵待草変奏曲(多忠亮・林光)、エーデルワイス(ロジャース)ほか 桂 聰子氏プロフィール: 10才よりE.ムーニー、上田賢一より手ほどきを受ける。15・・・

百楽桜まつり

Category :

平成29年4月8日(土)正午~午後3時まで、地階わさび田テラスにて、お抹茶とお菓子のサービスをいたします。当日は入館料無料ですので是非お出かけ下さい。

田淵行男写真展「伝承文化の雪形」

Category :
田淵行男 1975年撮影【爺ヶ岳「種蒔き爺さん」鹿島槍「鶴」「獅」】

雪形(ゆきがた)とは、雪解けの山に浮かんでくる形を人や動物などの形に見立てたもので、昔から農作業などの目安として人々に親しまれてきました。山岳写真家で昆虫の生態研究家でもあった田淵行男(1905-89)は、全国に散らばる雪形についての調査を行い、1981年に記録写真集『山の紋章 雪形』(学習研究社)としてまとめました。今展では、人々の伝承の中に生きる雪形を、田淵の写真とエッセイでご紹介します。 会・・・

神長幹雄写真展「アジアの小国とそこに暮らす人々」

Category :
神長幹雄 撮影【農村の朝は早く、バスの街道沿いに人々が集まる。バングラデシュ・シャシャで】

山岳雑誌の編集者として長年活躍されてきた神長幹雄氏。2015年には、田淵行男の評伝『安曇野のナチュラリスト 田淵行男』(近藤信行著 山と溪谷社)の出版を実現されました。また、山と旅を愛し、会社勤めの傍ら様々な国を訪れ、写真を撮りためてこられました。今展では、神長氏が特に惹かれたという、アジアの小さな国々の風景をご紹介します。 会期:2017.1.17(火)-2017.4.23(日) 会場:田淵行男・・・

PAGE TOP